医療福祉制度を取り入れた歯科の治療とは

歯に対する意識の変化

人体のあらゆる部分は、機能と形状という2つの側面を併せ持っています。2つのうち、基本的に重視すべきは機能です。ただ、形状も決して疎かにするべきではないです。 歯も当然、機能と形状を併せ持っています。歯の機能とは、噛むことです。歯で食べ物を噛み砕いてこそ健康が保たれるのですから、歯も機能を重視すべきだと言えます。ただ、歯は人から注目される顔に位置していますから、形状も重視すべきだと言えるでしょう。実際、歯の見た目で、その人の印象は大きく変わりますし、そのことが原因で、信用問題に発展する場合だってあります。 ただ、日本人は欧米人と比較すると、歯の見た目に関心がないと言われています。確かに歯に注目して日本人と欧米人を比較すると、その見解は、あながち間違いではないように感じます。しかし、現代の日本人は、歯の見た目にも関心を持ち、自ら気をつけるようになっています。

但し、歯の見た目を改善することは、個人の努力では困難です。例えば、歯を白くしようと必死になって歯磨きをしても、歯は中々、白くはならないものです。 そういった時に役に立つのが、審美歯科です。審美歯科は、歯医者の診療科目の1つであり、歯の見た目の改善を目的にした治療を行うところです。 審美歯科の治療の1つに、ホワイトニングという治療があります。ホワイトニングとは歯を白くする治療であり、ホワイトニングの治療を審美歯科で受ければ、自分では白くできなかった歯が、瞬く間に白くなります。 ただ、審美歯科は比較的新しい診療科目であり、また、他とは系統の異なる診療科目であるため、設置している歯医者は少ない状況です。しかし、設置している歯医者は増加傾向にありますから、今後は身近な存在になることでしょう。